メニュー

スポーツに伴う痛み、けが(スポーツ傷害)

スポーツに伴う痛み、けが(スポーツ傷害)

健康の維持あるいは増進を目的としたスポーツへの参加、競技スポーツの高度化などに伴って、成長期の前後の子供から中高年にわたりスポーツに伴う痛みやけが(スポーツ傷害)が増加しています。

繰り返しの負荷や使いすぎ(オーバーユース)によって生じるスポーツ障害と、大きな外力によるスポーツ外傷(骨折、靭帯損傷、関節脱臼など)があります。

痛みやけがの多くはX線(レントゲン)検査では分からない場合があります。当クリニックでは超音波エコー、MRI検査を用いた正確な診断、スポーツレベルの多様性、スポーツ種目による障害の特殊性に応じた適切な治療、リハビリテーションに努めています。

スポーツ障害

スポーツ障害は、スポーツ特有の動きにより、骨、関節、筋肉、靭帯などの運動器に曲げる、伸ばす、ねじるなどの繰り返し負荷が加わることによって起ります。

テニス肘、野球肘、ジャンパー膝、ランナー膝など、競技名や動作の名前がついて呼ばれる場合が多いことが特徴です。

付着部炎

スポーツ障害は一般に、筋肉の腱や、靭帯が骨に付着する部位の障害である付着部炎と呼ばれる障害が多く、基本的には安静、固定、アイシングなど一般的な処置、治療やスポーツ前後のストレッチ、適切なフォーム指導などを行う保存的治療が原則です。

骨端症

成長期の場合、この付着部がまだ未成熟で、骨が伸びる部分である成長板軟骨や骨端核であることが多く、適切な治療が遅れると、骨化障害、ひいては成長障害、関節障害が生じる場合があり注意を要します。膝の下、脛骨粗面部に生じるオスグッド病、踵骨に生じるセーバー病などがあります。

離断性骨軟骨炎

小児期や青年期の男児に多いスポーツ障害です。スポーツで微少外力が繰り返される結果、軟骨やその下層の軟骨下骨が剥がれ(離断し)て生じます。進行すると関節遊離体(ネズミ)になります。膝関節や肘関節にみられます。病変が初期で安定している場合はスポーツ活動の休止などの保存療法となりますが、進行し不安定型と判断されれば、遊離体除去、固定術などの手術が必要になります。自家軟骨柱/培養軟骨移植術を行う場合もあります。

疲労骨折

大人、子供を問わず、疲労骨折もスポーツ障害の一つで、治療に難渋する場合があり、発症初期にはレントゲンでわからない場合が多く、注意を要します。

疲労骨折とは、1回の大きな外傷でおこる通常の骨折とは異なり、骨の同じ部位に繰り返し加わる小さな力によって、骨にひびがはいったり、ひびが進んで完全な骨折に至った状態をいいます。

丈夫な針金でも繰り返し折り曲げ伸ばしを続けると折損してしまうのと似ています。

短期的に集中的なトレーニングを行ったときに生じること場合があります。明らかな外傷が無く、慢性的な痛みがあるときは疲労骨折を疑います。

疲労骨折が生じやすい部位というのがあり中足骨(足の甲)は約35%、脛骨(スネや膝下)は約25%で、両者で6割を占めることになります。

疲労骨折の好発部位

またスポーツ種目によって疲労骨折が生じやすい部位というのがあります。

いわゆるスネの前方中央(脛骨骨幹部)は跳躍型疲労骨折とよばれ、バスケットやバレー、陸上競技の選手に多く見られます。

また足の甲(足背部、第2、3中足骨)は行軍骨折とよばれ、陸上、長距離走選手に生じやすいといわれます。

第5中足骨近位のいわゆるJones骨折は、難治例や再発例が多く、手術になる場合があります。

上半身でも第1肋骨―ウェイトリフティング、チアリーディング、手有鉤骨―野球、テニスのグリップ、肘頭―投球動作などにより疲労骨折が生じます。

これらのことを理解することは早期発見につながるので重要です。

局所を安静にすることで、ほとんどが治りますが、発症初期や急性発症例で荷重時痛や動作時痛、腫脹が強い場合などはギプスやシーネ固定、松葉杖などによる免荷が必要になる場合もあります。

難治性と判断したら手術が必要となる場合もあります。

スポーツ外傷

スポーツ外傷は、スポーツでの転倒などによる突発的な外傷(怪我)で、骨折、脱臼、捻挫、打撲、肉離れなどがあります。

日常生活で起こる外傷(怪我)と同じようですが、大きなけがに至るまでに、スポーツ障害と同じように、スポーツ特有の動きにより、骨、関節などに繰り返し負荷が加えられており、もともと傷んでいて治りが悪い場合があります。

大きなずれ、転位を伴う骨折など以外は、基本的には、保存療法が主です。

しかし、けがを繰り返すことで関節の動揺性などが生じ、保存療法では、パフォーマンスの著しい低下をきたす場合は、手術的加療を選択します。

スポーツ外傷で手術的加療を選択する場合がある疾患として、膝関節の前十字靭帯断裂、肩関節の反復性脱臼などがあります。

当クリニックにおける治療

スポーツに伴うけがの治療は、運動の制限、中断を強いられる事になり、モチベーションを維持して治療を継続することが困難です。

スポーツ障害を抱える方の多くは、体幹、股関節、足関節などの柔軟性が低下している場合があります。

最近では、“肩関節の挙上が完全にできない” “片足立ちができない” “しゃがみ込み動作ができない”といったいわゆる運動器機能不全のまま授業や部活動、レクリエーションに参加することで、受傷される場合が多くみられます。

当クリニックでは、理学療法士とともに患部以外のトレーニングやストレッチングなどを行ったり、スポーツパフォーマンスに悪影響をもたらしている運動機能を調整して、運動に必要な体力、運動機能の獲得を目指すことが可能です。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME